山梨百名山のパノラマ一覧

サムネールをクリックするとパノラマVRコンテンツが見られます。

赤岳 あかだけ 2899.2m  No.64  No.64 

  • 山頂  
  • どうも相性の悪い山だったが、4回目にしてようやく晴れてくれた。この日は平日のため山頂は静かだった。
    撮影 2011-09-16


  • 夜の山頂  
  • 午後7時半頃に撮影した。満天の星空と月明かりに照らされた雲海と赤岳山頂。夏の大三角形や天の川も分かる。
    撮影 2011-09-15


    ※別表記:八ヶ岳

大室山 おおむろやま 1587.6m  No.0 

    展望は殆どないが新緑のブナ林が美しい。加入道山に至る稜線上の一面に広がるバイケイソウと古木の組み合わせも見事。

  • 山頂  
  • 撮影 2016-05-15


  • 西の肩  
  • 撮影 2016-05-15


    ※別表記:おおむろざん、大群山(おおむれやま)

瑞牆山 みずがきやま 2230m  No.69  No.69 

  • 山頂  
  • 遠くから見ると巨大な岩が屏風のように並ぶ岩山の印象だが、実際は山頂直下まで暗い針葉樹林帯の山登りで、北側を巻くようにして山頂に到着すると視界がいきなり開けて、南アルプスから八ヶ岳に至る大パノラマが広がる。
    撮影 2001-11-23


金峰山 きんぷさん 2599m  No.68  No.68 

    奥秩父で最も展望が良く、森林限界を超えた山頂は岩がゴツゴツしている。五丈石がシンボル。

  • 秋の山頂  
  • 秋の金峰山からの眺めを全方位パノラマにした。やはり夏よりも遠くが良く見える。
    撮影 2012-10-21


  • 夏の山頂  
  • 山頂の岩の上から撮影したが、スペースが狭く下面の写真撮影時は落ちそうで怖かった。
    撮影 2008-08-09


  • 秋の山頂  
  • 国師ヶ岳、北奥千丈岳、朝日岳を経て金峰山山頂に到着したのは午後2時頃。快晴だったが遠景が霞んでいたので撮影を翌日に先送りした。ところが朝起きたら予報が外れて鉛色の空。失敗した。
    撮影 1999-11-22


    ※別表記:金峰山(きんぽうさん)

国師ヶ岳 こくしがたけ 2592m  No.233  No.233 

  • 山頂  
  • 正面に大きく見える富士山が本当に奇麗で、腰掛けるのにちょうど良い石もあり落ち着く山頂。
    撮影 2008-11-22


  • 前国師山頂  
  • 大弛峠からつづら折りに続く川上牧丘林道と、彼方に見える南アルプスとの遠近感が良い。
    撮影 2008-11-22


  • 夢の庭園  
  • 巨石と灌木による自然の庭園。木道が整備されている。
    撮影 2008-11-22


甲武信ヶ岳 こぶしがたけ 2475m  No.67  No.67 

  • 山頂  
  • 甲州・武州・信州の境界にあって、信濃川・荒川・富士川の分水嶺になっている。
    撮影 2001-10-13


    ※別表記:甲武信岳

笠取山 かさとりやま 1953m  No.0 

  • 山頂  
  • 多摩川源流の山。登山道や指導標が良く整備されている。
    撮影 2005-11-30


雲取山 くもとりやま 2017.1m  No.66  No.66 

    東京都の西端にして最高峰。埼玉・山梨の県境になっている。一日掛かりで登る苦労に見合う雄大な景色。

  • 山頂  
  • 一週間前までは10センチの積雪があったらしいが、雲取山頂以外の雪はかなり溶けてしまい、所々アイスバーンになっていて歩きにくかった。
    撮影 2014-12-27


  • 山頂避難小屋前  
  • 撮影 2014-12-27


  • 夜の山頂  
  • 夜8時前に小屋を出ると山頂付近に鹿の群れがいたので、撮影のためヘッドライトで照らして立ち退いてもらった。夜は光をあてると目だけが光るので、頭数が多いとちょっと不気味だ。
    撮影 2014-12-26


  • 夕方の山頂  
  • 撮影 2014-12-26


  • 夕方の山頂避難小屋前  
  • 撮影 2014-12-26


  • 山頂  
  • 夜中に奥多摩湖沿いの鴨沢から登り始めて6時頃に山頂に到着。雪が少ない冬だったので七ツ石小屋付近までは軽アイゼンなしで登ることができた。
    撮影 2000-02-10


  • 山頂避難小屋前  
  • 三角点のある場所から南にやや下った場所にある避難小屋前で撮影。
    撮影 2000-02-10


黒金山 くろがねやま 2231m  No.0 

  • 山頂  
  • 西から北側が開けている。
    撮影 2005-11-26


乾徳山 けんとくさん 2031m  No.144  No.144 

  • 山頂  
  • 奥秩父の山々の展望台。山頂直下に20mの鎖場がある。
    撮影 2005-11-26


  • 扇平  
  • 明るいカヤトの草原。
    撮影 2005-11-26


黒川鶏冠山 くろかわけいかんざん 1716m  No.0 

    大菩薩蓮嶺から北に少しはずれた場所にあり、青梅街道が北〜西側を回り込むように通っている。

  • 山頂付近の展望地  
  • 撮影 2003-12-27


    ※別表記:鶏冠山(けいかんやま)、黒川山(くろかわやま)

甲斐駒ヶ岳 かいこまがたけ 2967m  No.77  No.77 

  • 山頂  
  • 南アルプスの天然水で有名。森林限界を超えると花崗岩の真っ白い道が続く。この日は黒戸尾根ではなくバスを乗り継ぎ北沢峠から楽をした。
    撮影 2000-08-07


  • 山頂  
  • 山頂から東に少々下った黒戸尾根との分岐付近で撮影した。
    撮影 2000-08-07


  • 魔利支天  
  • まだ7時過ぎでしたが雲が湧いてきて間もなく霧で視界が無くなった。帰りの道が分からなくなり、こちらと思う方向に進んでは崖に出てしまい元の場所に戻るということを1時間近くも繰り返してしまい、本当に怖い思いをした。ちなみに最後は、絶対に違うと思い込んでいた方向に進んでみたら人工的な道を発見!
    撮影 2000-08-07


    ※別表記:東駒ヶ岳(ひがしこまがたけ)、白崩岳(しろくずれだけ)、白崩山(しろくずれやま)

観音岳 かんのんだけ 2840m  No.79  No.79 

  • 山頂  
  • 天気予報がはずれて曇天の一日となってしまったが、山頂は360度のパノラマで主要な山脈を全て見渡すことができて気持ち良い。
    撮影 2003-10-11


    ※別表記:鳳凰三山、鳳凰山(ほうおうざん)

仙丈ヶ岳 せんじょうがたけ 3033m  No.78  No.78 

  • 山頂  
  • 1997年撮影の現在公開しているパノラマの中では最も古い作品。この頃から超広角レンズ・PLフィルター・リバーサルフィルムという組み合わせで撮影している。当時のインターネット接続は低速のモデムが主流だったため、パノラマもファイルサイズが100KB程度以下になるように画質を落としていた。その後、ブロードバンドが普及して数MBのファイルサイズがあるフルスクリーンパノラマを作成・公開できるようになった。
    撮影 1997-08-03


    ※別表記:仙丈岳

北岳 きただけ 3193m  No.80  No.80 

  • 山頂  
  • 富士山に次いで日本第2の高峰。デンマークのパノラマサイトpanoramas.dkの2003年第4週 Fullscreen QTVR of The Week (http://www.panoramas.dk/index_jan.html) で紹介されたパノラマ。
    撮影 2002-07-21


    ※別表記:白峰三山、白根山(しらねさん)

間ノ岳 あいのだけ 3189m  No.81  No.81 

  • 山頂  
  • 北岳山頂から約1時間半、早くもガスが上がってきたが、辛うじて富士山は見える。
    撮影 2002-07-21


    ※別表記:白峰三山

農鳥岳 のうとりだけ 3026m  No.166  No.166 

  • 山頂  
  • 北岳からの縦走で前日は農鳥小屋に泊まった。早朝の山頂は北岳と対照的にとても静か。
    撮影 2002-07-21


    ※別表記:白峰三山

大菩薩嶺 だいぼさつれい 2057m  No.70  No.70 

    木々に囲まれて展望のない山頂から南に数分の雷岩からの展望が雄大。

  • 雷岩  
  • 久しぶりの大菩薩も良い天気に恵まれて、富士山や南アルプスがよく見えた。
    撮影 2013-11-23


  • 雷岩  
  • この年はあまり雪はなく、上日川峠から大菩薩嶺〜大菩薩峠を比較的簡単に一周することができた。
    撮影 2000-02-05


小金沢山 こがねざわやま 2014m  No.0  No.二番山頂 

    こぢんまりとした山頂で東から南面が開けている。

  • 山頂  
  • 山頂で一緒になった人たちが、2014年の年賀状の写真に使うと言って富士山をバックに記念撮影をしていた。(※標高=2014m)
    撮影 2013-11-23


  • 狼平  
  • 小金沢山から大菩薩峠に向かう途中の狼平と石丸峠との間のピークからの眺め。一面笹原で気持ちが良い。
    撮影 2013-11-23


  • 山頂  
  • 撮影 2003-12-28


大蔵高丸 おおくらたかまる 1781m  No.0  No.三番山頂 

    湯野沢峠から滝子山に向かう途中、南大菩薩最初のピーク。

  • 山頂  
  • 撮影 2003-12-29


笹子雁ヶ腹摺山 ささごがんがはらすりやま 1357.7m  No.0  No.四番山頂 

    中央本線と中央道の笹子トンネル直上の山。山頂の南から西の展望は非常に良くて、富士山、南アルプス、八ヶ岳が一望できる。

  • 山頂  
  • 撮影 2009-12-27


本社ヶ丸 ほんじゃがまる 1630.8m  No.0  No.十二番山頂 

  • 山頂  
  • 東側の一部を除きほぼ全て見渡すことのできる岩の多い山頂は開放感がある。富士山の左隣の三ツ峠山はここからは間近に大きく見える。清八峠への道は2カ所ほど急な場所があった。
    撮影 2009-12-20


滝子山 たきごやま 1590m  No.0  No.四番山頂 

    大菩薩連嶺南端、富士山がとても大きい。

  • 山頂  
  • 撮影 2003-12-29


雁ヶ腹摺山 がんがはらすりやま 1874m  No.0  No.一番山頂 

    昔の五百円札の富士山で有名な山。どんなに朝早く登っても、途中の展望地で三脚で撮影している人たちに遭遇する。

  • 山頂  
  • 霧が出てしまったり富士山が隠れていたり、ようやく三度目の正直で快晴の天候に恵まれた。
    撮影 2008-12-07


岩殿山 いわとのさん 634m  No.0  No.八番山頂 

  • 三ノ丸跡展望台  
  • 中央本線大月駅から約1時間で立てる展望地までの登山道は奇麗に整備されていて、誰でも気軽に登ることができる。富士急線沿いに続く街並の向こうに富士山が大きく見える。
    撮影 2009-01-25


百蔵山 ももくらやま 1003m  No.0  No.七番山頂 

    尾根コースは広葉樹が多く冬枯れの日だまりハイクが気持ちいい。山頂には桜の木があるのでお花見も良いかも。

  • 山頂  
  • 以前よりも良いカメラとレンズを使ったので山肌のディテールも潰れずに写っているが、ファイルサイズもちょっとすごい。
    撮影 2012-12-02


  • 山頂  
  • このパノラマムービーから、デジタル一眼レフ+魚眼レンズ+パノラマ雲台の組み合わせで撮影した全方位パノラマとなる。
    撮影 2007-12-31


扇山 おおぎやま 1138m  No.0  No.六番山頂 

  • 山頂  
  • 富士山だけでなく、筑波山や横浜方面の眺めも素晴らしい。
    撮影 2008-01-03


三頭山 みとうさん 1531m  No.234  No.234 

    奥多摩三山の一つ。周辺は都民の森として整備されていて道も良いし、奥地の割に交通の便も悪くない。数馬には温泉施設もある。

  • 西峰  
  • 2004年のパノラマと同じ場所から撮影。この数年何度か通って、ようやく空気が澄んだ日に当たった。
    撮影 2014-12-23


  • 西峰  
  • 奥多摩三山の一つ。南北が開けていて、富士山が大きく見える。
    撮影 2004-01-11


  • 東峰の展望台  
  • 天気の良い日を選んで、展望台の全景を全天球のパノラマで再度撮影した。
    撮影 2014-12-23


  • 東峰の展望台  
  • こちらは東面が見られる展望台が設置されていて、大岳山と東京市街方面がよく見える。
    撮影 2004-01-11


倉岳山 くらだけやま 990.1m  No.0  No.九番山頂 

  • 山頂  
  • 富士山の眺めも勿論良いが、むしろ北側の景色が素晴らしい。百蔵山をバックに桂川や周りの街がよく見える。中央線梁川駅から2時間、車なら浜沢バス停から90分。
    撮影 2010-01-23


九鬼山 くきやま 970m  No.0  No.十番山頂 

  • 山頂  
  • 富士山は山頂手前の展望地から見ることになるが、 山頂では北側の展望が開けていて大月の街並と大菩薩の山々が眺められる。
    撮影 2009-03-15


  • 展望地  
  • こちらは富士山のビューポイント。朝のうちは陽が射さないので少々寒い。
    撮影 2009-03-15


高川山 たかがわやま 975.7m  No.0  No.十一番山頂 

  • 山頂  
  • 360度のパノラマが広がる山頂の大きな富士山は見事。リニア実験線もよく見える。山頂に住む犬のビッキーに会いに来るリピーターも多いようで、祠の中のノートに多数の書き込みがある。
    撮影 2009-01-25


今倉山 いまくらやま 1470m  No.0 

  • 松山(赤岩)  
  • 今倉山東峰および西峰は樹林に囲まれて眺めはないが、西峰からさらに西に小ピークがあり、ここからの眺めが素晴らしい。富士山が御正体山と杓子山の間に見える。
    撮影 2008-12-15


三ツ峠山 みつとうげやま 1785m  No.146  No.146 

  • 開運山山頂  
  • 富士山の展望台。この日は富士急三つ峠駅から登ったが、 御坂峠側にも登山道があり、中腹までバスや車で入ることができるので便利。
    撮影 2004-02-21


富士山 ふじさん 3776m  No.72  No.72 

  • 剣ヶ峯  
  • 二等三角点がある日本最高点。脇に富士山測候所が建っている。平成11年のレーダー運用停止に伴い、シンボルだった白いドームは取り外された。
    撮影 2005-07-29


  • 西安河原  
  • 電波望遠鏡の白い小さなドームがある。
    撮影 2000-08-20


  • 大沢崩れ直上付近  
  • 足下からは崩壊壁が1000m以上続いている。(※残念ながらパノラマの画角に入らなかった。)
    撮影 2000-08-20


  • 小内院横  
  • 万年雪が見られることも。
    撮影 2000-08-20


  • 白山岳  
  • 剣ヶ峯に次ぐ富士山第2の高峰(3756m)。富士山山頂の中で最も展望が良く、南アルプスから奥秩父の景色が良い。
    撮影 2001-08-20


  • 久須志岳  
  • 吉田口・須走口山頂から白山岳方面に数分の場所にあるピーク。
    撮影 2001-08-20


  • 大日岳  
  • 山頂の鳥居に沢山の鈴がつけられている。虎岩が本物の獣のような形に見える。
    撮影 2005-07-29


  • 伊豆岳  
  • 山頂に行くには、コースから少し外れて両手を使って登る。
    撮影 2005-07-29


  • 成就岳  
  • 広々とした山頂からは、東安河原のNTTが見える。
    撮影 2005-07-29


  • 駒ヶ岳  
  • 富士宮口山頂と御殿場口山頂の間にある小ピーク。
    撮影 2005-07-29


  • 三島岳  
  • 山頂へは鳥居目指してガレ場が続く。
    撮影 2005-07-29


  • 宝永山  
  • 御殿場口の大砂走から二ツ塚を経て、御殿場、箱根に至る雄大な展望が広がる。
    撮影 2008-10-10


  • 第一火口付近  
  • 笠雲が湧く富士山頂、第一火口に宝永山、箱根から伊豆の山々、富士宮方面には紅葉の樹木と変化に富んでいる。
    撮影 2008-10-10


  • 第二火口付近  
  • 第一火口から御殿場口方面へ少し下ると第二火口が見えてくる。火口が2つ並ぶ様子は迫力がある。
    撮影 2008-10-10



撮影地マップ